HOME >  神幸祭と氏子  >  神幸行列の様子  >  麒麟獅子

麒麟獅子

麒麟獅子舞

因幡地方(鳥取県東部)に伝わる麒麟獅子は他地方の獅子舞と異なり麒麟を模した獅子頭が特徴で、麒麟とそのあやし役として朱の面をかぶった猩々が対となりゆったりとしたテンポで舞われ、獅子舞でありながら厳かな雰囲気を持っている。

麒麟とは幸運をもたらす霊獣で、殺生・穢れを嫌い草木を踏むのを避けるため浮いて歩くと伝えられている。小野不由美のファンタジー小説「十二国記」で仁の生き物と描写されているのはこの性質からであろう。