新町

新町屋台

古来より新町の大胴は、聖神社の神具として奉戴され、神幸行列では、三番目に位置つけられている由緒ある大胴である。昭和二十七年(1952年)の鳥取大火では、氏子屋台の半数は焼失したが、幸いにして新町の大胴は台車ともに焼失を免れた。昭和三十五年(1960年)には、この台車を基礎に屋根付二層屋台が建造され、上段に神具の大胴が奉戴され、下段では子どもたちがお囃子を披露し、祭を盛り上げている。