HOME >  保存修理事業  >  事業の概要

事業の概要

保存修理方針・業者選定・修理内容について

保存修理方針

鳥取県・鳥取市行政、工事指導機関の関係者の基本方針として、県や市の指定文化財の保存修理には今後の地域振興を考慮し、「地域の建設会社の参加による工事実績つくり」また、「従事する技術者・技能者の技術向上をはかる」ことを目的として地元業者を中心に選定する。

業者選定

文化財特殊建築であり県文化財課の指導をいただく。

平成23年5月、調査・基本設計について地元の3社に見積もり合わせを依頼し、(株)本間設計事務所に設計監理の業務を委託する。

平成24年5月、工事指名競争入札への参加要請を、地元に本店を持つ5業者に案内する。

平成24年6月、上記の内4業者が入札に参加、大和建設(株)に工事の請負を依頼する。

設計管理
株式会社 本間設計事務所
工事請負
大和建設 株式会社
技術協力
公益財団法人 文化財建造物保存技術協会
修理内容

以下PDFファイルをご覧ください。

事業期間・事業費及び各負担金について

期間

平成24年度~平成26年度

総事業費

約1億314万円(設計監理費・工事費・技術協力費)

年次費用

平成24年度迄(約4229万円)、平成25年度(約3159万円)、平成26年度(約2926万円)

負担金

鳥取県2分の1・鳥取市4分の1・事業者4分の1(約2580万円)

事業者協賛募金額

3000万円(事業者負担金・諸経費)